fbpx
既定の言語として設定します。
 翻訳を編集します。
によって Transposh - translation plugin for wordpress

カテゴリーアーカイブ: #becominghero

8 ヒーローになることからの考えを刺激する引用 (漫画のキャラクターについて、彼の作者を撮影する) #インスピレーションの引用#becominghero

ヒーローになることは、彼の作者を撃つ漫画のキャラクターについてです–アクションの中で思慮深い哲学的なもののための多くの機会. ここに私たちのお気に入りの引用のいくつかがあります:

  1. “主人公は単なる視点です。” サイドキャラクターの1人が読者に挑戦, 彼女はストーリーにとって重要ではないことがわかったとき欲求不満. 読者, ジェイス, 性格が著者に彼女の人生の目的を定義させないことを主張する.

2. これは、ジャッキーとスカイの間の私のお気に入りの瞬間の1つです。, スカイが落胆したとき–彼らは人生の無常について話します. いつ作者に殺されるか. しかし、無常には美しさがあります. (#ひえさび日本の原則)

3. ジェイスは本をかなり平和主義者として始めます, そして、多くの闘争を通じて、非暴力に関して彼自身を保持することができました. これは父親に彼に言った彼の応答です “男の人” 自分の戦いと戦う.

4. ナターシャは厳しい, フォアグラウンドに登場する刺激的なスーパーヒロイン. これは、彼女が降りようとしているときに彼女がスカイを奨励する方法です.

5. それは彼の作成者を殺すために出て行くキャラクターについての本だからです, 神について異なる意見を持つ様々な人々について前後にいくつかあります. 味わい深い–すべてのキャラクターに正しいチャンスが与えられます, 説教なしで–でも激しくなります. ジェイスは母親の死についてスカイに開放している.

6. ほとんどネタバレ, でもスカイは彼の好きな文章に出会う (彼の作者ではありません). これは彼が言わなければならないことです–すべての読者が最後の行で識別できると思います.

7. 可能だと信じるものを見る. 医師として働いた後、これは非常に真実だと思います. 人々は最初はラジオを信じていなかったのをご存知でしょう, それはあまりにも奇妙に聞こえたので?

8. そしてもちろん, これがヒーローのやり方です.

大丈夫, たぶん、最後のものは考えさせられるものではない, しかし、それはまだ少し悪いです. 共有してお気軽に. = P

そして、あなたが望むなら Becoming Heroの最初の数章 大騒ぎが何であるかを確認する, あなたはそれらを手に入れることができます ここで!

ミートカール – ロボット男, 多発性硬化症と病気、名前天才

開始ロボットの男のプエルトリコ大学の子供 保護者. 彼は、多発性硬化症に苦しんでいます, これは、彼が保つことができる性を保証は、彼が麻痺だ日にでも移動することsupersuitを構築するために彼を運転しました. 最初は, 彼はただ、安全に彼らの自警団のエネルギーをチャネリングすることにより、トラブルのうち、高校生を維持しようとしていました, 装甲スーパーヒーロー活動. 今、彼は政府の研究者と彼の十代のsupersoldiersについての情報が欲しい大人のスーパーヒーローチームと地元警察のバランスです.

他の保護者は、すべてのことを知りません, しかし. 彼は政治からそれらを保ちます. 彼の仕事はしています
それらの安全を守ります.

だから、彼らは死ぬ起動したとき, 彼のせいだ.

カールの原点ストーリーを取得します
カールのスーパーヒーローの一つは、彼の作者を満たしているときに何が起こるかを調べます
ウェブコミックに無料でカールについての記事を読みます

ミートスカイ – ハリケーン-Poweredのスーパーヒーローアウト彼の著者を取得します

スカイは、彼の家族を殺害作者からの回答を出しストーム投げアジア系アメリカ人のスーパーヒーローであります. スカイさんがこれまでに日付すべての女の子は、死んでいるか、世界を引き継ぐしようとしているのいずれかであります, そして最終回で, スカイの親友は彼を殺します. それとも彼は考えています. 、 崩壊スカイに意味武器は彼の著者の世界で彼の土地. 復讐でショット付き.

それ以前は, しかし, 彼は最年少のメンバーです 保護者, スーパーヒーローチーム手段より彼に世界で何よりもその. 彼は幸せ・ゴー・ラッキーと忠実です, ビット不器用場合, そして彼がいちゃつく楽しんでいます, 物理, そして彼の力で遊んで: で彼のために構築されたハリケーンの能力 ロボット男.

スカイの原点ストーリーをここでゲット
スカイは、彼の作者を満たしているときに何が起こるかを調べます
スカイとのインタビューを読みます
ウェブコミックに無料でスカイについての記事を読みます

ネイサンSsagala – ウェブコミックアーティストやデザイナー

ネイサンSsagalaは、カバーデザインのスキルを持つウガンダの漫画家であります, 広告作成, ウェブサイトのロゴ, その他様々な画像作成能力. 彼は、もともと私たちのPatreonによってサポートされる2組のコミックアーティストの一人でした, 新しいのための教育を推進し、サポートすることを目的とされ, 上昇クリエイター, 主に国際. で 2019, 彼はフルに就任しました 英雄になること ウェブコミック アーティスト, Tシャツデザイナー, Aのためのマーケティング画像デザイナー 私たちは漫画クリエイターのために一緒に入れている素晴らしいツールの束.

ネイサンが奪われたとき、11月には、我々は道路に大きなバンプに走りました. 彼は私がから彼をカットすることを勧める私を電子メールで送信しました 英雄になること 漫画, 彼はもはや彼のラップトップなしで動作することができなくなるから. 同じ頃, 彼は私にいくつかの厄介なぼやけた映像を送っ, ケースには保管のために何かが彼に起こっ–彼の大学でのライブのラウンドを撮影、警察の動画. 女子学生は、彼らが新しい授業料の昇給を余裕がなかったときので抗議し始めました, 教授は代わりに、性的行為のためにそれらに圧力をかけ. 男子生徒は病院で女性の抗議者を置く激しい殴打を超える抗議し始めました, aaaand so then for a while all the students at the school had to go into hiding.

だから、一緒に, 私達の 英雄になること superheroalertチームは、ネイサンのための新しいノートパソコンを購入するために十分なお金を調達しました, 人はすでに大学のために彼の母親と賃金を支援するためのお金を稼ぐためにそれを使用しています. 彼は今、学校での背中, そして、頻繁に停電やその他の問題にもかかわらず、彼が直面しています, 彼は文字通り私が働いてきたほとんど専用のアーティストです. 彼は速く、私が知っていた誰よりもリビジョンを返します, その数はさらに三重の彼の速度よりも充電アーティストを経験しました. あなたは彼から画像を要求して間違って行くことはありません, そして彼の芸術は、過去一年で劇的に改善されました. あなたは私たちの無料ウェブコミックで彼の向上の作品を見ることができます, https://www.becominghero.ninja/comic/ 彼は私たちのInstagramのために作られた以下のようなまたはサンプル. 彼の インスタグラム あります https://www.instagram.com/nexus2.0/ 彼は彼自身のデザインビジネスを始めています! あなたは彼のインスタ以上の雇用のために彼を雇うことができます, 実際に, そして、ヘルプは、上で私たちの芸術家の資金を増やします patreon.com/becominghero. ネイサンは、カナダへの移行と、彼は子供たちが彼の周辺に裏通りをサポートするために使用することができ、完全なデザインビジネスを始めるの夢. 彼女のチェックアウト!

ミートジョンクリスサイラス, スカイ後ろの声.

スカイのためのジョンの私達の賞にノミネート声優, 漫画のキャラクターが出て自分の著者を撮影します. 私は実際にはほとんど、このプロジェクトの開始以来、彼を知っていました, and his feedback about the villain had a large impact on the plot towards the end. You can hear a sample of his voice work in our 混合メディア・コミック, 彼はナターシャの間の戦いを物語る場所, スカイ島, ゼウス! そしてもちろん, あなたが拾うことができます 英雄になること 可聴上. Audibleの裁判で無料最初の本, 私は聞いています.

これはジョンの#BecomingHeroページです, 彼は私たちとそれらを共有するよう、私たちは彼の#superheroalertsと成果のいくつかを強調表示します場所. Krissilasは、彼自身のプロジェクトのTONが漂っています. に加えて 書き込み, 演出, そして、生産, Krissilas leads a 創造相談事業 あなたが作るもので最善を引き出す支援します. 考古学者としての彼の背景は彼がおよそこの素晴らしいサンダルパンク小説を書くことを許さ ギリシャの伝説を通じてホバーボードに乗って通りウニ (私は、プレリリース、それを読み取ることが許されてきた幸運少数の一人です), そして、彼は常に新しい何かを考え出すています. 下の彼を訪問してください:

あなたは、実際に彼はちょうどここに終わっショーを見ることができます! 見てみな: MARKED webseries賞を受賞, これは彼が共同作成します, 共同書き込み, で共同生産し、働き. X-ファイルや失われたような古典的なSFミステリーシリーズに触発さ, ショーは彼らのキャストメイトの奇妙な死を解決しようとする2人の元女優をたどり、自分の過去からシンボルへの接続を発見します. ジョンはハル・スティーブンスを果たしています, 彼らの探求でそれらを支援 - かではないかもしれない - ことが謎の政府エージェント.

完全な最初のシーズンを見ます (エピソード 1 – 6) ここで:
ここではマークのウェブサイトをご覧ください: https://www.MarkedWebSeries.com

***

ミートオースティン・ウィラシー – ジェイスの後ろの声.

オースティン・ウィラシーは、受賞歴のある歌手です, 歌ライター, 声優, そして、活動家ジェイスを表明する#BecomingHeroプロジェクトに参加した人, 彼は彼のルームメイトの漫画のキャラクターを発見したときに、現実世界と漫画本の世界の間で決定する必要があります神経質#blerd. Willacyは、全体のオーディオブックを生成することになりました, これはあなたがダウンロードすることができます 可聴の無料試用版との自由のために. 彼があるため、社会正義の彼の鋭い感覚のプロジェクトに参加しました, しかし、彼の記録 受賞歴のある音声優秀 自分自身のために話します.

これは彼の#BecomingHeroページです, 我々は彼の#superheroalertsと成果のいくつかを強調表示します場所. 彼をご覧ください ウェブサイトTwitter より多くの最新情報について.

***

POSITIVE MUSIC AWARDの

で 2018, オースティンと彼の共同作家, アリエルThiermannはポジを獲得しました–正音楽賞–第13回年次ポジ賞で社会正義のカテゴリの.

獲得した曲は繁栄」です: それは「地球上で何がかかります, 同じ名前のドキュメンタリーから.

彼らはゲイリー・マルキンによって指名されました, 歌のフィルムとプロデューサーの得点王, と授与 EMPOWER, 正の認知度と影響を増幅するために設立された団体, アートに力を与える.

ケースでは、itchinしています’ 聞いて “繁栄” 今のところ:

“繁栄” テーマソングには、 “THRIVE: それは地球上で何がかかります”, 目指す繁栄運動についての映画, とりわけ, 普通の人には、政府や企業からの電力を分散します.

***
音楽を通してより良い世界の構築
で 2017, オースティンは出席するために唯一の非インド人でした はい世界インド芸術ジャム, どこの作家, 映画製作者, 俳優, ダンサー, 歌手 & インドのさまざまな部分の数から詩人は、人々が深く接続できるスペースを作成しました, 徐行, 彼らのバッテリーを充電, そして、社会の変化を作成するために彼らの芸術を活用する方法を模索.

これは、 2013, オースティン 共同設立, 共催, そして、社会変動ジャムのためにアーティストを共同で促進, 人々のための創造的な集会 芸術と社会変化の交差点で働きます. で 2016, 米国芸術ジャムの卒業生は、共同整理と共同faciliate二つの国際芸術渋滞に彼を招待しました, アナトリア芸術ジャム、トルコ–とインドの社会変革ジャム. アーツジャムは作家が集まる場所です, 映画製作者, 俳優, ダンサー, 歌手 & 詩人が一緒に来ます; その課題とブレークスルーを共有; 自分自身を育成; お互いをサポートし、鼓舞; そしてアーティストとしてのアイデンティティを探ります, 活動家と全体の人々. それぞれのジャムで, すべての米国各地からのアーティスト, 七面鳥, そして、インドが招集し、人々が遅くなることができますスペースを共同作成します, 深く接続, 彼らのバッテリーを充電, 将来のコラボレーションのための交差点を見つけます; アーティスト活動のより弾力的なネットワークを構築 (artivists), そして、社会の変化を作成するために彼らの芸術を活用する方法を模索.

HOUSE JACKS

ハウス・ジャックスは “楽器のないオリジナルロックバンド” (SFクロニクル). バンドの先駆的な革新は、現在のアカペラのルネサンスの基礎を築きました. 何百万人もの人々がThe Sing-Offのサウンドとして世界中でThe House Jacksを聴いていました, NBCのヒットアカペラライブ. シカゴのラジオ局用のジングル, ロサンゼルスとサンフランシスコは、 1.5 百万人のリスナー.

彼らのリベッティングパフォーマンス, 革新的なレコーディングと受賞歴のある作詞作曲は、ドイツのライブオーディエンスに活気を与え、刺激を与えています, オーストリア, スイス, ベルギー, Brazil, Sri Lanka, France, カナダ, Puerto Rico, イタリア, the Netherlands, Singapore and Japan. They’ve performed everywhere from Carnegie Hall to the World Expo. They’ve appeared in Rolling Stone, on CNN and Monday Night Football (ESPN). They are featured on Sony Sound Systems in Ford vehicles and have worked with corporate clients from Coca-Cola through Verizon. They’ve shared the stage with some of the biggest names in live entertainment, including Ray Charles, James Brown, Train, LL Cool J, the Neville Brothers, Crosby Stills and Nash, the Pointer Sisters, ライブ, Nia Peeples, Johnny Clegg, 5 Blind Boys of Alabama, the Temptations, George Carlin, Pam Tillis, The Four Tops, The Gap Band, Tower of Power, Starship, Jon Secada, Run-DMC, and many others.

’Til Dawn
`Til Dawn, Youth in Arts A Cappella ensemble is an advanced vocal music program for motivated young artists. `Til Dawn celebrates the value of the arts, encourages positive messages about meaningful social issues, and inspires children of all ages. The group performs a mix of rock, pop, blues, jazz and soul standards and contemporary hits, in addition to original songs by group members.

THRIVE CHOIR


The Thrive Choir was born to sing the music for the revolution. They are a diverse group of vocalists, アーティスト, activists, educators, healers, and community organizers based in Oakland, カリフォルニア – directed by Bay Area musicians オースティン Willacy & Kyle Lemle. Their heartfelt and soul-stirring original music is a fusion of gospel, soul and folk.


As part of Thrive East Baya purpose-driven community focused on personal and social transformationthe Choir’s music illuminates the joy, pain, and beauty of what it means to be human in this time of systemic transformation. They lift up the house every first Sunday at Thrive East Bay in downtown Oakland; they have performed with Rising Appalachia, recorded with MaMuse, and shared the stage with social justice luminaries Ericka Huggins, Joanna Macy, and Fania Davis; and they perform at marches, conferences and festivals across California, most recently at Bioneers, Blessed Unrest, IONS, and the North America Permaculture Convergence.

Please visit Austin’s ウェブサイトTwitter より多くの最新情報について!

あなたのスマートウォッチを主張, スーパー1!

Rafflecopterプレゼント

私はスマートウォッチを配っ'M! あれを欲しいですか? これは、箱の写真です. それはブランドの新機能, そして、私はあなたがそれを持ってしたいです!

のレビューを残しています誰も 英雄になること Amazonで資格があります! それはあなただけ読んだ場合であってもです 最初の10章(無料今), そして、あなたはそれらを見直し.

あなたは余分な稼ぐことができます “エントリー” または上記の指示に従うことによって、スマートウォッチを獲得するチャンス! 楽しむ!

ジェンは、上のワット/アウト#pantsを読み込み, EP. 3 (#漫画のキャラクターは自分の著者を撮影します)

*下記を読みます! 以上聞きます。*

予約注文はこちらをヒーローになるに:
漫画と: https://www.amazon.com/Becoming-Hero-…
漫画なし: https://www.amazon.com/Becoming-Hero-…
他の場所: http://becominghero.ninja
スカイは、彼の家族を殺害著者への復讐のためにアウトストーム投げコミック文字です. ジェイスは数学を愛します #blerd 父親の致命的な遺産を脱出しようとしています. 彼らの世界が衝突した場合, ジェイスは、現実の世界の間で、彼は常に憎んだ選択する必要があります, そして漫画本の世界は、彼は常に愛されています–彼の執筆者を殺害することは彼の世界を救う場合とスカイが決定しなければなりません, または彼の魂をいまいましいです. *勝つチャンスのためにスカイの数学パズルを解きます $100, すべての本インチ*

ジェイス, アカウント.

私の父と私は灰色の建物の一つに住んでいました, ない赤レンガ1. 杢グレーの外観, 高齢化反っベージュ階段, そして、私はそれを開いたとして、私たちのアパートのドアの分裂底に対するサンドペーパーのような傷がついていること、灰色に染色されたカーペット. カビも、灰色臭いです.

「私はあなたのソファが好き,」カレブはすぐに言いました.

それは灰色ではなかったです. 私は彼を見て, そして、私のお母さんのように多くの思い出を開催することをオレンジと黄色のチェック柄のrattyソファでバック, そして、私は笑いました.

「はい, それは醜いです, そうでしょう?」私は微笑みました. 「私の好きな漫画の中のスーパーヒーローチームが同じものを持っています。」

「はい, ええと…漫画のようなI, あまりにも。」しかし、彼は手の込んだませんでした. 彼はただそこに立っていました, ソファを見つめて.

ぎこちありません.

「ねえ, UH-レムグラブ食品原料。」私は台所に走りました. 私が文字通り私の肘をまっすぐにすることなく、壁に両手を置くことができるように小さかったです, そのため、黄色のお父さんと私はTwinkielandそれを呼びました. (これは、白になるはずでした。) 私はカウンターオフオフブランドではない、オレオをひったくら, 2杯のまわりで私の腕を包みました, 冷蔵庫の外にミルクジャグをヤンク.

私はカレブは隅に夕食のテーブルに座ったメインルームで戻ります, 落書き…彼の前に私の数学の本で.

やばい!

"うわあ, ことではありません, それ ’ s, ねえ!」私はほとんど彼を停止するために私の急いで床にミルクを落としました. 私の数学のレベルは私の第三最も密接に守られた秘密でした, 私の父の仕事の後, そして今、私は一日に数2と3を離れて与えられたのです! 私は、私は気にしてはいけません知っていました, しかし、上に来ます. 学校で他のみんなは私が賢くなるためにあえてことを個人的な犯罪のようにそれを取りました, あるいはもっと勉強, またはそれは私がやったものは何でも. 彼らは素敵だった場合, 彼らは同情で私を治療しました, 私はそれを補うために恐ろしい社会的赤字のいくつかの種類を持っていたように. 悪いナイーブジェイス, 私は彼のお母さんは彼の靴を結ぶ賭けます…私の学校でも計算を提供していませんでした, ただ進ん保つために地元の大学と通信教育のための独立した研究期間を取らなければならなかった私はそう, そして私は誰もが私が怠けると思ったことを確認しました.

私はそれについて謝罪してみました. 「ねえ, カレブ, ことは本当にありません, ご存知のとおり, こと…”

カレブは、テーブル全体に緩い葉のシートをスライドさせます.

彼は私の宿題をやっのです.

ねえ! ねえ, 私のようなオタク!

「はい, somethinがあります’ Calcの約落ち着かせます, 右?彼がそれを言ったとき、」彼は、資本Cでそれを言いました. 「同様に、それは別の現実やサムシンへの鍵です。」

私は慎重に私の言葉を選びました, 少し笑顔で. 「よく, すべての事柄の実行間の技術的関係について…様々な機能の差, ご存知のとおり? 道の数学の基盤世界の作品. それは本質と物事の真実です。」

「それとも、それを説明する我々の方法です, そして世界は何の作業をしません。」と彼は私から目をそらしたとして暗いグレアが彼の顔の上に落ちる毛の下で光りました.

私は飲み込んだとミルクのガラスを注ぐために彼から離れて見えました. 私はシャットダウンを感じました. 男, この男は誰でした? 変人, 私のソファが好き, そして、私の同級生を打ちます, そして、私の数学の宿題-がらくたをやっ, この男は、ちょうど私の目の前に10人のように取り出しました. 彼はおそらくそのフランク・ミラーダークナイト戻り値ジョーカーのようなこのグラスで私を殺すことができます.

「ねえ, 私は勉強しなければいけない,」私は言いました, その見知らぬ人ミート・アンド・グリートを示すためにしようとすると終わりました. 「問題の全体の束は、私が最後まで持って設定します. だから…”

カレブは、コインのように反転しました. グレアは存在しませんでした: 今、彼は小さな男の子がたて女の子に宣戦布告のように笑いました’ 樹上の家. 「あなたをレース,」彼は輝く目で言いました. 「最初の問題のセットを完了することができます誰が参照してください。. 私が勝てば, あなたはその男の財布を盗んだなぜあなたは私に教えてくれなきゃ。」

誰も〜ない, おそらくいくつかの他の時間, 私は実際に濃縮物とかに必要, それはクールをされています, しかし私の口から出て来ている可能性があり-all言葉は、私の脳と私の副鼻腔の間のどこかを周りに粉砕されました. この男を見てください, 私の宿題についてだけで幸せ. どのように誰もがそれにノーと言うことができませんでした?

また, 私はそれが安全に遊ぶためにハードな方法を学んだのです.

男, 彼はあまりにも長い間、それらを着用するのだので、しかし、この男の破れたジーンズを見て、スタッフ引き裂か, 彼は彼らをそのよう-とバットマンに泥を買っていないので、彼はまだ離陸していなかったバックパック, そして傷みは彼の頬骨の上に形成します, 私が言いたいのは, 誰がこの男の人生がどんなものか知っていました? 彼はおそらく、世界のような感じがロジックに動作しませんでした理由を持っていました. そして今、私は彼を押し出すつもりでした?

私は神がその上で笑顔を想像できませんでした.

「本当に,」私は言いました.

私が選んだのかというのだから、 親しみます 暴力的な見知らぬ人. カレブは、最初は10分ごとまたはそのジョークを割れました, しかし、時間だけ紙の激しいばたつきや間違いを超える臨時の呪いについての後に彼の存在をマーク. 私はあまり言いませんでした, そして、私はミスをしませんでした. 私はカレブのように誰かに会ったことがなかったです; 数学は、自分のアイデンティティーの一部でした, それは私だったように, ロジックを持つマスター混乱に私たちの精神的な武道ウェイ.

ジェンは、上のワット/アウトPANTS読み込みます (彼の執筆者を撮影#comics文字と、彼を停止することがあります数学#blerdについて) エピソード 2!

Read below to read the text of the story, or listen above, or pre-order Becoming Hero here:
漫画と: https://www.amazon.com/Becoming-Hero-…
漫画なし: https://www.amazon.com/Becoming-Hero-…

他の場所: http://becominghero.ninja
*勝つチャンスのためにスカイの数学パズルを解きます $100, すべての本インチ*

スカイは、彼の家族を殺害著者への復讐のためにアウトストーム投げコミック文字です. ジェイスは数学を愛します #blerd 父親の致命的な遺産を脱出しようとしています. 彼らの世界が衝突した場合, ジェイスは、現実の世界の間で、彼は常に憎んだ選択する必要があります, そして漫画本の世界は、彼は常に愛されています–彼の執筆者を殺害することは彼の世界を救う場合とスカイが決定しなければなりません, または彼の魂をいまいましいです.

ジェイス, アカウント.

New guy stood over me hand outstretched, reeking of banana peels and park benches.

「ねえ," 彼は言った, yanking me to my feet. “I’m Caleb.”

“Hey Caleb. I’m Jace.”

“Jace, like Jason?”

「はい, but spelled like the son in the Expanded StarWars Universe, not like the second Robin.”

He was the first person I’d met outside of the comics shop who got the reference. “The son of a rogue, instead of the rogue son.” His wicked grin softened. “You okay?” He glanced down at my forearm.

I looked, and regretted it. I didn’t think I was frightened by blood. It wasn’t much—just a scratch, just—just—dizziness swept my forehead and my whole body felt weak because holy crap they almost flayed me because of Dad they almost—! I opened my mouth to say nothing.

“Is that a no?” he asked.

I swallowed. 私. Wouldn’t. メイク. それ. Fun. にとって. Them. If I wasn’t scared, they couldn’t scare my dad, and they lost.

But I wanted them to scare Dad! I wanted to get out of here! Of this stupid neighborhood, and this stupid high school where my stupid teacher who I trusted let slip in class that I even had a dad, and stupid Jerome, and stupid everyone who said I wasn’t “Black enough” because I was a nerd, as if the math in my brain somehow released neurotoxins that killed my melanocytes because that made sense—oh wait, 違います, it didn’t! It really didn’t!

“I’m fine. It’s just a scratch.” I broke my gaze away from it to look Caleb in the face, noticing now the industrial bar piercing his right ear. “Are you hungry? Because after that I could eat a bookshelf.”

“Yeah—uh, はい, I haven’t eaten in a while.” His face colored a little: he meant a very long while. He wasn’t from around here, and he wasn’t dressed well enough to be a lost tourist—not that we got tourists around here on the regs, but hey—so I pegged him as a runaway right away. From where, I wondered?

“Why a bookshelf?” he asked.

“I like books.” I shrugged, and pulled my hoodie up against his inquiring stare and against the frigid wind tickling my hot cheeks. 「さあ. I’ll—I have stuff at home.”

And that’s how I chose to bring a violent stranger into my house.

2

JACE

My breathing slowed, and the chill began to evaporate my sweat as we passed dingy brush littered with trash, and dead bushes crowded against the alleyway walls, and the yellowing grass that clung to the cracks in the whitish half-paved gravelwe turned onto another street, past the big abandoned red brick building on the corner, and for a second I didn’t hate West Baltimore.

I always don’t hate West Baltimore when I pass red brick. There’s a lot of that here: the big factory-looking thing, with its lone chimney jutting into the grey sky like a bold unmoving middle finger thrown up against all the struggle and change and turmoil; the rows of brick apartments huddled side by side like tall, thin soldiers, shoulder to shoulder against the cold, some of them rounded with feminine bulges, towers and buttresses, powerful women in a protest line holding together their neighborhoodall old, old buildings. Sometimes a new mural will go up, or street art that actually means something. That day a black phoenix rose against one of the grey-walled buildings, framed in purple fire.

We’d almost reached my dad’s apartment when we passed a different strain of graffiti. This tag was about cops, and my shoulders sagged.

I caught Caleb watching my reactions.

“What?” he and I asked at the same time.

He laughed. I sighed.

“You got opinions about that,” he nodded back towards the angry wall-scars. “Mind if I ask what they are?”

“Man, I don’t even know,」私は言いました. “My first day out in driving class I got a DWB, とともに my teacher in the car, とともに the car marked Student, and they still made us get out while they patted us down and yelled at me and searched the seats because I ‘fit a description.That guy you just whupped, Jerome? His older brother was shot by police who broke into the wrong apartment for a bust.” I paused, wondering if I should really tell Caleb why Jerome hated me. Caleb waited, listening so intently, so openly, I kinda had to: “My dad’s a police officer,」私は言いました.

“Ah. So you’re caught in the crossfire.”

“There’s no crossfire. I’m minding my own business.” I sealed my lips, and he minded his own, あまりにも.

Jen Reads Without Pants On — EP. 1 #becominghero #freereads

I’m sharing the first part of the book with youin audio above, and in text below!

予約注文はこちらをヒーローになるに:

漫画と: https://www.amazon.com/Becoming-Hero-…

漫画なし: https://www.amazon.com/Becoming-Hero-…

他の場所: http://becominghero.ninja

スカイは、彼の家族を殺害著者への復讐のためにアウトストーム投げコミック文字です. ジェイスは数学を愛します #blerd 父親の致命的な遺産を脱出しようとしています. 彼らの世界が衝突した場合, ジェイスは、現実の世界の間で、彼は常に憎んだ選択する必要があります, そして漫画本の世界は、彼は常に愛されています–彼の執筆者を殺害することは彼の世界を救う場合とスカイが決定しなければなりません, または彼の魂をいまいましいです.

*勝つチャンスのためにスカイの数学パズルを解きます $100, すべての本インチ*

Text, 以下!

JACE

For me, the beginning starts the first time I opened a comic book and knew I had to have that, be that, get in that, somehow. But for you, it starts the first day I met Caleb.

The day ten guys with knives chased me down a shadowed street. My skinny legs burned; my lungs wheezed as sweat popped across my forehead. Bitter voices shouted curses about my dad. Crap, so who—?

My head turned for a better look—

Bad move. My grey sneakers skidded across the pavement. I tried to catch my balance—my knee impacted the unfinished, gravel-strewn sidewalk—I rolled over, scrambling on my butt as my fastest attacker stumbled into me. His creepy gangsta-fied Looney-tunes t-shirt loomed over me as my attacker fell, suffocating me with Bugs Bunny’s cotton smirk. I imagined the cartoon rabbit twirling that bling around his finger: “What’s up, doc? You thought you could outrun us?” I gagged as a hand landed on my neck.

“Hey Jerome,” I choked at the one person I recognized: my pissed-off classmate standing a few feet behind the massive human on my threat. “Who’s the Colossus?”

Colossus didn’t take the compliment. “Jerome don’t answer to you. He answers to me.” He lifted me by the throat like Vader. 素晴らしい, always wanted to have something in common with Captain Antilles. “And he told me who your Daddy is.”

“Hahaha, 上手, you sure you believe Jerome?” I normally avoid the sass—sass is a one-way ticket to the ‘ville where they serve your butt and only your butt on a shiny silver platter—but I had to talk them away from my dad, and if it meant a whupping from Jerome tomorrow that was a whole lot better than a stabbing from his boss today. “You know Jerome’s lied to you about how much product he pushes at school, 右?” Is that what they called it? Product?

“No he hasn’t.”

"はい, but he’s lying about my dad. I don’t even have one of those. What’s a dad, even?”

“You trying to get smart with me?” The grip of the Colossus tightened on my neck, and my eyes bulged with the oh-gosh-where-the-air-at—note to self, “Grip of the Colossus” sounds like a sweet book title.

「いいえ, I really don’t know what a father is,” I wheezed. “Mine’s too busy to play that game.”

“I’m not your shrink, 少年,” Colossus smirked. “Could be your surgeon if you want, though.” He drew his knife. From the looks of him, he was the only one whose mamma told him not to run with sharp pointy things—everyone else had theirs out already. “We’re gonna write a lil message to your old man, and you get to be the postcard.”

Well crap.

I bit down to hold my mouth shut. The writing was on the wall—and soon to be on my skin—so if this had to happen, I wouldn’t make it fun for them. Please don’t whine, please don’t cry, don’t say any freaking thing

“You got anything else to share, smart guy?”

いいえ. 何も. Silence was my weapon. I pursed my lips and ground my teeth as they held me down, and all I could think about was Jerome, this guy standing right here, blade over my arm, like—this guy was in my class! We grew up in the same neighborhood, almost the same street, so like what chain of events ended with him becoming that guy and me becoming this guy, at opposite ends of the knife?

The first blade nicked my forearm.

I managed not to scream.

Enter the hurricane.

It wasn’t much of a meeting, 実際に. More a series of bone-crushing splinter sounds and screams as I watched in HD clarity while a ripped Asian-looking kid tore Bugs Bunny off me and hurled him into the others. Colossus never had a chance to get back up. The new kid pounced, Batman backpack swinging on his shoulders with the intensity of his punches. He whirled to take out two or three sets of knees behind him with one nasty roundhouse kick, and leapt like a bolt of lightning from person to person, jerking someone’s joints the wrong way each time he left them.

Welp.

Colossuswallet peeped out of his back pocket. ID is the key, Dad would say in his corny way. He wasn’t wrong. I scrambled forward, yanked out the wallet, and dashed back, pocketing the leather bulge with my heart pounding and my breath held. I knew I looked as suspicious as a four-year-old alone in a candy aisle, but thankfully no one cared about meme and my pocket full o’ justice.

The stranger cleaned up. Knives zinged through the air to clang against the nearest telephone pole, all missing the hurricane. The scent of urine stung the air—someone had pissed his pants. Someone else screamed a threat—back-pack dude interrupted with a foot in the face.

When I blinked, we were alone.

Get Natasha’s Rings! #comics #superheroes

Natasha is my Thunder-powered teen goddess (lower case g) from 英雄になること, and these are raw stone rings: colorful, sturdy, 綺麗な, and down to earth, 彼女のように.

And you get them if you solve this puzzle: becominghero.ninja/skyes-puzzle/

#becominghero #art #comicbooks #drawing #comic #illustration #sketch #artist #geek #comicbook #artwork #nerd #draw #cartoon #comicart #love #instagood #tbt #look #bestoftheday #instacool #stoneworking #jewelry #superheroes

ビットN’ 小品: COVER REVEAL #becominghero (#漫画のキャラクターは自分の著者を撮影します)

W00t! That thing on the left there, it’s the cover image for the novel! The novel that’ll have the comic book in it!

The cover was made by the talented and amazing Lawrence Reynolds from vividfury.com. He’s formerly made stuff for DC and Marvel, so I was really lucky to get him on board for this project. 彼女のチェックアウト! He’s got a few lovely alternate-history StarWars posters I love, including one very lovely one about Leia training with Yoda. #rockon

Please like and share! You’ll get a better picture of the cover (I cut off a little bit of his hand in this picture because I was trying to fit 640*640 size) on the book itself, nudge nudge. = P

ビットN’ 小品: Slooow行く#makingcomics #becominghero

着色は本当にこれに追加しました. 蝶はすぐに描画するために私のお気に入りのヒーローになってきています, 彼女の大きな目を持ちます. I have a soft spot for ladies who look like her.

それはおかしいです, 私はもともと彼女を作成したとき、私は彼女に恨みを持っていたので、, 彼女はナターシャのアンチテーゼだから, who is my unqualified coolest hero. Natasha’s a purist. 彼女はタフです, そして、強いです, そして彼女は物事を解決するために感情を傷つけることを恐れてではありません. 彼女はキックのお尻だと彼女は特別な治療を望んでいません: 彼女はフェミニストのようなものです am because she’s all about the facts, and even her insecurities are oriented in the right direction.

Butterfly’s very much a syncretist, 誰が彼女の個人的なイデオロギーに私は嫌いたくさんのアイデアを配合しています, そして彼女は我々はすべての回で飽きSJWすることができ. 彼女はfloofyすることができ, そして愚か, そして彼女は、ユーバー、丁寧です, 彼女の心を話すことは、最後の, そして、障害に優しいです. ナターシャは、兵士の場合, 蝶の千年ヒップスター, 美しいものが好き女々しい近代的なガーリー・ガール…like little paper shoes, ハンドバッグ, そして、花.

私はナターシャのバランスを取るために彼女を作成しました, and to represent the women I don’t いつも私の小説で表現します. 私の女性はより多くの私のように常にあります–空気中の私たちの中指とキックのお尻の反政府勢力. 私は作家として成長しようとしています.

Which is why I’ve spent so much time with Butterfly. 彼女の起源の物語は、おそらく最も長いです, そして、私はスカイを除いて、より他の文字よりも、この漫画では彼女を描きました. 私は彼女を知ってもらう必要があることを認識しました, 彼女を理解します, 彼女はから来ていますかを理解します. なぜ しません she believe in heaven and hell? ヒジャーブの下に何, そして、なぜ彼女はそれを着るん, 彼女は、この近代的な、遊離した女性ことになっている場合? What does she 本当に信じています, の固定観念を超えました “リベラル” 社会の中でそこに存在しています? なぜ彼女は彼女が作る間違いを犯すん, そして彼女の強みはどこ?

私は本当にこの漫画では彼女の強みに焦点を当てて楽しんできました. 奔放な同情は私たちのすべてのものです–でもNatashas–必要, そして、私はRobotmanと彼女の特別な友情を考えます (これは彼女の原点物語の中でより多く出てきます) 本当に彼女の自己犠牲を強調. この漫画で両方, そして彼女の短い物語の中で, 私はイエス・フィギュアとして彼女を設定しました, 私はイエシュアは本当に彼女のいくつかのアイデアを嫌いだと思う一方であるため, 彼は本当に他の人のための彼女の愛を接続します. 私は彼を見るために学ぶ必要があります, そして彼の手, 私を好きではないしている者で. I cannot love my opponents until I do. だから私は書かれており、主張し、私の頭の中で蝶をプレイしてきたように, 私は自分自身が本当に愛と尊敬する説教してきました and potential she represents.

書き込みは、他の人に説教するべきではありません: それは、自分自身への説教の製品であるべきです.

So Butterfly’s come a long way since Rabia voiced her at her lamest back in 裏切り者 #9. 私は彼女のボーイフレンドと彼女の関係を見てみましたときに我々は大きな進展があったと思います–私 ’ m 申し訳ありません, 男の子です友人–後方 裏切り者 19. その後, 彼女の対を見て. 7 月, 情け深いです “罪人の友” 対. それらを拷問するために悪者にもたらす悪い尻, で 裏切り者 23 と 24, really hammered it home for me.

だから、このシーンは、私は悲しくなります. さらに, バックグラウンドでのマーク. ;_; 私は今、彼の起源の物語に取り組んだし、それはdoozyです, poor guy. I’ve still got a lot to do on today’s comic, その最も可能性の高い金曜日に掲載します. オーディオ今回は周りの才能によって行われます, 陽気, そして華麗なルソMatiti, そのために楽しみにしています.

ビットの「n個: 明日のコミックに取り組んで! #makingcomicsの#superheroes

だから, ラフ! 私はいつも、ラインアートのための私の心を作ることができません, 暗い使用するかどうか, 圧力を介して、幅を変更する動的行, 私は第2列のパネルの外で6月に使用されるか、または、それらのソフト不完全線. この特定の漫画のために, それは内側と外側のパネルの間で前後にホッピングすることがありますので、, 私は、パネルの外側ソフトスケッチラインを使用しますことを決めました, と “漫画っぽいです” 内側のライン, ビジョンを除きます, ページの下の隅にその新しい男は誰です. 私は彼の顔を紹介したいかわかりません, 私は、このパネルでやっているように, 私は実際には着色した後、それをシャドウします. 彼の顔は、一種の友人ルソに基づいています, 誰が彼の性格のために声をやっていますよ.

うん, この1のつもりが声を持っています, 再び! 今回, 私は、各パネルの下のMP3ファイルにVisionの対話のすべてを組み込むつもりです, パネルの内側だ対話に応答して、. それはつもりかなりクレイジーになりますのよ, 私は今週、超遅れる場合があります, 我々は、表示されます.

あなたは何を取り組んでいます?