既定の言語として設定します。
 翻訳を編集します。
<<最初 <<問題開始 <以前 ランダム 次 > 最終発行します。>> 最後 >>

スーパーヒーローのためのセラピー, ページ 12 (彼の執筆者を撮影#comics文字に続編. #becominghero)

アップデート土曜日. アーティストネイサンSsagala.

 

(の世界で非公式ウェブコミック BECOMING HERO, 彼の執筆者を撮影漫画キャラクターに関する小説, そして彼を停止する必要があります漫画本の読者は、. デッドプールのファンのための偉大なメタスーパーヒーロー小説, アニマルマン, ラスト・アクション・ヒーロー, 主人公は僕でした, Superboyのプライム, シー・ハルク, Cerebrusツチブタ, AmbushBug, そして他の著者の会議第四壁破り “著者に対する怒り” tropists。)

↓ トラン スクリプト
パネル 1 ((全角), thin panel, 確立ショット)
Mother and Natasha.
母: “Honey, you can't graduate if you don't pass history.”
ナターシャ: “GED. Awesome AP scores. Perfect SAT. College-level experimental physics internship. Do I even need to graduate?”

パネル 2
Mother's disapproving glare.

パネル 3
Natasha looks down.
(パネル 2 と 3 are diagonally arranged across the page, leading into a big half-page spread below)

パネル 4
Natasha leads a group out to help the homeless.
ナット: “I think we should just end World Hunger.”
女の子 1: "何を意味します。, end World Hunger? That's not how that works, Nat.”
ナット: “Creative solutions take new minds. Did you know the world's top billionaires have enough money, combined, to provide food for all the world's hungry? Maybe we could start a letter-writing campaign convincing them to pool their resources into Kiva or some other sustainable development solution—we're the Knights of Compassion, after all.”
女の子 1: “Why can't we just be the Service Club?”
女の子 2: “Let Natasha have her crazy name.”
女の子 1: “We sound like a cult.”
女の子 2: “That's what makes it cool!”
女の子 3 (further back): “Did you see his face when I--”
女の子 4 listens attentively to Girl 3, giggling.