既定の言語として設定します。
 翻訳を編集します。
によって Transposh - translation plugin for wordpress

スーパーヒーローのためのセラピー, ページ 2 #漫画は自分の著者を殺す漫画のキャラクターに続編を#becominghero.

一方, 巨大ロボット内部…(毎週土曜日には、更新します, アーティストイアン・ピネダ)

2ページパネル 1 ジンファンデルの恐怖にクローズアップ, パニックの顔彼は彼自身の後ろに見えるよう. Zinfandel: "君は? なぜそれはあなたでなければなりません? そして、あなたも何かを言うことができません?」パネル 2  - 今ジンファンデルのビューから, 我々はすべて黒でアイルランド系アメリカ人のティーンエイジャーを見上げると, The Mark, 銃でジンファンデルの上に立って. マークは肩をすくめる (我々は彼の非銃手の隣に肩をすくめを書き込むことによって、それを紹介します, そして、少しその肩を持ちます). パネル 3-5 しかし、あなたはそれを表示したいです: マークは、ロボットスーツのうちジンファンデルァンデルを歩くとRobotmanに彼をオマークなります, ジンファンデルは、パネル全体でわめき散らす保ちながら、. Zinfandel: 「それは、共通の礼儀と考えられています. あなたは私に百回を停止しました, The Mark, そして、私はあなたの声を聞くことを得ることはありません. 違います, 「ワインの試飲のオーバー, Zinfandel, 私はメインコースだから。」いいえ 『をごワインといくつかのパンチを持っている。』私は最もpuntastic名前を持っていても、注目決してきたん!」マーク (それRobotman): "話し合いが必要です. マフィアの鎌を殴ら。」

(の世界で非公式ウェブコミック BECOMING HERO, 彼の執筆者を撮影漫画キャラクターに関する小説, そして彼を停止する必要があります漫画本の読者は、. デッドプールのファンのための偉大なメタスーパーヒーロー小説, アニマルマン, ラスト・アクション・ヒーロー, 主人公は僕でした, Superboyのプライム, シー・ハルク, Cerebrusツチブタ, AmbushBug, そして他の著者の会議第四壁破り “著者に対する怒り” tropists。)

↓ Transcript
PAGE TWO

Panel 1
Close up on Zinfandel’s terrified, panicked face as he looks behind himself.

Zinfandel: “You? Why does it have to be you? And you can’t even say anything?”

Panel 2 – now from Zinfandel’s view, as we look up at the Irish-American teenager all in black, The Mark, standing over Zinfandel with a gun.

The Mark shrugs (we’ll show that by writing shrug next to his non-gun hand, and having that shoulder up a little).

Panels 3-5

However you want to show it: the Mark walks Zinfandel out of the robot suit and turns him over to Robotman, while Zinfandel keeps ranting across the panels.

Zinfandel: “It’s considered common courtesy. You’ve stopped me a hundred times, The Mark, and I never get to hear your voice. No, ‘wine-tasting’s over, Zinfandel, because I’m the main course.’ No ‘have some punch with your wine.’ I have the most puntastic name and you’ve never even noticed!”

Mark (to Robotman): “We need to talk. The Mafia’s beaten the Scythes.”