既定の言語として設定します。
 翻訳を編集します。

スーパーヒーローのためのセラピー, ページ 3 #漫画は自分の著者を殺す漫画のキャラクターに続編を#becominghero.

アップデート土曜日, アーティストイアン・ピネダ.

ページ3 PANEL 1 ファイブスーパーヒーローはどこか暗い地下に薄暗いポーカーテーブルを囲んで座ります. マルコは、テーブル上の地図を広げます. スカイは、テーブルの上に自分の足で戻ってラウンジ, ユーバー緩和. 蝶は非常に適切に座っています, 彼女の指は、ほとんどの祈りであるかのように交差させて. ナターシャは、マップの隅に椅子と彼女の拳に片足をテーブルの上に立って激しく. Robotmanは腕を組んで立っています. 蝶: 「私は鎌がマフィア-彼らは競合市場を持っていなかった戦っていたにも気づいていませんでした. マフィアが麻薬を行います, 鎌はsuperhumansに実験をしました。」ナターシャ: 「それらの間のあまりのクロスオーバー。」PANEL 2 マークは、リングの写真を指し, マップ上の. それはそれでハーバード大学医学部のロゴ付きリングです. マーク: 「この男まで. サイコ, 彼らは彼を呼び出します. 彼は大きな武器の市場にあなたの地元のマフィアを得て, それが今で超人的な技術が含まれています。」Robotman: 「それは、私たちはピンクの仇を討つためにそれらを取り出した後、鎌倉庫からすべてを盗んだ人だ。」マーク: 「そう。」PANEL 3 スカイは、部屋を残すために上昇します, 落胆探し. ナターシャ通知. パネル 4 地下室「キッチン」, 薄汚いです, 古い探して冷蔵庫付き. ドアを通して、私たちはまだ、他のヒーローが戦略的なされて点灯し、「ポーカー」の部屋に見ることができます. ナターシャ: "だから何, あなたはすでにこのすべてを知っています?」スカイ: "今はやめろ, サンダー. 私は叱られたくありません, そして、私は考える必要はありません. 私はちょうど彼らが誰を打つために私に伝えたいです, その後、私はそれらをヒットにしたい。」ナターシャ: 「それはので、私が言ったのです? 私たちについて付き合ったことがありません?」PANEL 5 スカイの顔. スカイ島: 「それは助けにはなりません。」

 

(の世界で非公式ウェブコミック BECOMING HERO, 彼の執筆者を撮影漫画キャラクターに関する小説, そして彼を停止する必要があります漫画本の読者は、. デッドプールのファンのための偉大なメタスーパーヒーロー小説, アニマルマン, ラスト・アクション・ヒーロー, 主人公は僕でした, Superboyのプライム, シー・ハルク, Cerebrusツチブタ, AmbushBug, そして他の著者の会議第四壁破り “著者に対する怒り” tropists。)

↓ Transcript
PAGE THREE

PANEL 1

Five superheroes sit around a dimly-lit poker table in some dark basement somewhere. Mark’s spread a map on the table.

Skye lounges back with his feet on the table, uber-relaxed. Butterfly sits very appropriately, with her fingers crossed almost as if in prayer. Natasha stands intensely over the table with one foot on a chair and her fist on the corner of the map. Robotman stands with arms crossed.

Butterfly: “I wasn’t even aware the Scythes were fighting the Mafia—they did not have a conflicting market. The Mafia does drugs, the Scythes did experimentation on superhumans.”

Natasha: “Not much crossover between those.”

PANEL 2

Mark points to a photograph of a ring, above the map. It’s a ring with a Harvard medical school logo on it.

Mark: “Until this guy. Psych, they call him. He’s gotten your local Mafia into a bigger weapons’ market, and that now includes superhuman tech.”

Robotman: “That’s who stole everything from the Scythes’ warehouse after we took them out to avenge Pink.”

Mark: “Right.”

PANEL 3

Skye rises to leave the room, looking discouraged. Natasha notices.

PANEL 4

Basement “kitchen”, dingy, with an old-looking fridge. Through the door we can still see into the lit “poker” room where the other heroes are strategizing.

Natasha: “So what, you know all this already?”

Skye: “Not now, Thunder. I don’t want to be scolded, and I don’t want to think. I just want them to tell me who to hit, and then I want to hit them.”

Natasha: “Is it because of what I said? About us never dating?”

PANEL 5

Skye’s face.

Skye: “It doesn’t help.”